労働基準法・・・・労働するのに基準の法律。というのはなんとなく判るんだけど・・・・。 経営者も従業員も、きちんと知っておかないと。 ということで、調べました。

スポンサードリンク

労働基準法に定められている労働時間

仕事での疲れやストレスを解消するためにも、休日は是非とももらいたいというのは誰しも思うことでしょう。
本人が好きで没頭できるような仕事ならともかく、"あくまで仕事"として労働しているなら人間そんなに集中力も持つものでもありません。
せっかくのお休みの日に会社からの呼び出しがあるようでは、体も休まりませんし、精神的にもかえって余計にストレスがたまってしまうのではないでしょうか。
労働基準法において、休暇中の労働者に対する権利について、何かしらの規定は設けられているのでしょうか。
休日中の労働者に対する権利というわけではありませんが、労働基準法では労働時間に対する取り決めがあります。
1日8時間、週に40時間となっています。
もちろんこれらを超えて働かせる場合は、時間外労働扱いとなり割り増し賃金を払う必要が生じます。
休日に関しては週に1日以上、毎週休日を与えることができないならまとめて4日以上与えるべきとされています。
これは「法定休日」とされており、この日労働させた場合残業代よりも割り増しな賃金を払う必要が生じます。
早い話しが、休日中の労働者に対して会社側から業務命令を下すことは、それなりのリスクをともなうことになります。

▲このページのトップへ

労働基準法ってなぁ~に?イメージ

携帯版のQRコード

労働基準法ってなぁ~に?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://texasrealtynetwork.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。